用語集

用語集

時価純資産法

時価純資産法とは、企業が保有している資産の時価総額から、負債の時価総額を差し引いた金額を株主資本価値として評価すること。
時価純資産法のメリットとしては、計算が比較的簡単に行える点、個人的主観が入りにくい点が挙げられる。デメリットとしては、当該企業の将来的な収益性を反映することができない点が挙げられる。

用語集トップに戻る